不利な遺伝子・・・

心の病などの精神的問題は、生まれた後の環境によってのみ、発生するのではありません。

遺伝的に不利なカードを配られたといえることもあります。

また、生まれる前の母親の胎内環境も大きく影響します。

たとえば、母親が、妊娠中にストレスを受けて悩んで過ごしていると、胎盤をとおして多量のストレスホルモンを受けることになります。

問題を抱えて食欲がなかったら、胎児は摂取する栄養の不足の影響を受けることになります。

子宮内の環境は多かれ少なかれ、直接的に胎児に影響し、遺伝子の変化をともない、生まれた後の心(精神的傾向)に反映します。

 

 

遺伝子からの心の改善・・・

それでは、どのようにすれば、生まれ持った遺伝子の影響から

自分を変えていけるのでしょうか?!

人は変わることができます!!

しかし、そのためにしなければならないことがあります。

そうした努力の過程こそが、人生そのものだと受け止めて、

生まれてきたことに真の意義を見出してほしいものです。

心と遺伝子・・・

心と遺伝子・・・

心と遺伝子・・・

Copyright (c) Mind Science. All Rights Reserved.